HOME > コーヒーダイエット

コーヒーダイエット

コーヒーは健康に良いという意見もあれば、そうでない意見もあります。
どんな食品に関してもいえますが、摂り過ぎはよくありません。

しかし適量であればコーヒーは健康に良く、コーヒーはダイエットに効果があるとされています。
まずカロリーに関していえば、コーヒーは1杯当たり7キロカロリー前後と他の飲料に比べれば低カロリーです。

ただしこれは砂糖やミルクを入れない場合のカロリー、つまりブラックの場合のカロリーです。
砂糖やミルクを入れると数10キロカロリーは高くなってしまうでしょう。

ダイエットの事を考えれば、コーヒーはブラックで飲むのが良いといえます。
またコーヒーに含まれるカフェインもダイエットに有効とされています。

カフェインには脂肪分解作用があり、身体に溜まった脂肪を分解して脂肪の燃焼を促進してくれます。
コーヒーを飲んだ後に運動をすると、血液中に溶け込んだ脂肪が燃焼されるので、運動前に飲むとより効果的です。

さらにカフェインには利尿作用があり、体内の余分な水分を排出して、代謝向上、むくみ解消にも効果を発揮します。
このようにダイエットに良いコーヒーですが、飲み過ぎは弊害となります。

カフェインも毎日飲んでいると次第に免疫が出来、効果が薄れてきます。
そのため週に1回はコーヒーを飲まない日を作ると、コーヒーの効果を消してしまわずに済みます。

またカフェインは中毒性があり、飲まないと落ち着かないという症状も出てきます。
飲まないといられないのに、コーヒーを飲みと今度はイライラや頭痛を引き起こす悪循環に陥ります。

また就寝前にコーヒーを飲むと安眠を妨げて、睡眠の質を低下してしまうこともあるでしょう。
それからダイエットにはブラックが良いとはいえ、カフェインが胃液の分泌を促し、粘膜を傷つける恐れもあります。

そこで空腹時にはコーヒーは避け、少量のミルクを入れることで胃へのダメージを和らげることが出来ます。
飲み方にさえ気を付ければダイエットにコーヒーを利用することは出来ます。
適量を心がけ、ダイエットに役立てましょう。