HOME > 寝るだけで痩せる睡眠ダイエット

寝るだけで痩せる睡眠ダイエット

寝る子は育つというように、睡眠は身体の形成、生命の維持に欠かせない行為です。
食べて寝ると牛になると昔から言われていましたから、よく寝ると身体も大きくなると思うでしょう。

しかし正しい方法で質の良い睡眠を摂るだけでダイエットできるのをご存じですか。
まずカロリー面ですが、寝ている間はあまりエネルギーを消費しません。

しかし睡眠中は食事を一切しないので、寝るだけで200キロカロリーから300キロカロリーを消費すると言われます。
夜更かしすると空腹感に耐えられず、つい夜食を食べてしまいますが、夜中にお腹が空いたら寝てしまうのが一番です。

また寝ている間は成長ホルモンが分泌されます。
成長ホルモンは身体の組織や細胞を生成し、傷ついた細胞を修復し、健全な体の維持、発展には欠かせないホルモンです。

さらに成長ホルモンは「痩せホルモン」といって、脂肪の分解を促進する働きも持っています。
そのためしっかり睡眠を摂るだけでカロリーが抑えられ、成長ホルモンが脂肪の分解も促してくれるというわけなのです。

成長ホルモンは22時から3時の時間帯かつ就寝後3時間の間に分泌されるので、この時間は就寝しておくと良いでしょう。
さらに理想的な睡眠時間は7時間とされているので、7時間より極端に長い時間寝ている人や、睡眠時間の短い人は睡眠時間を7時間に近づけるように心がけましょう。

このように寝るだけで痩せるメカニズムがあることはお分かりいただけたと思います。
無理な食事制限や運動を続けるより、楽にダイエットできると思いませんか。

寝るだけで痩せる、睡眠ダイエットを是非お試しください。